インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説①


インベスター・ネットワークスが株を始められる前の方や、初めてIR担当者となった方に

株にまつわる活動を行っていくにあたって知っておくといい用語を簡単にですが、ご紹介していきます。
皆様最後までインベスター・ネットワークスのワード解説にお付き合い下さい。

 

株とは|インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説

 

ワード解説

 

ニュースや知人との会話などで「株取引が~」や「株をやっている」、「株をはじめて」という話題を耳にしたことがあるかたもいらっしゃると思います。

しかし、「株」とはなんなのか詳しくわからないと気になることかと思います。

「株を買う」ってどこで買うの?「株を売る」ってどこで売るの?

そんな方にインベスター・ネットワークスが「株」のワードについてご紹介します。

 

「株」は企業が事業資金を調達するために発行している券の様なものと言われています。

企業が発行する「株」は、その会社の一部でもあります。

その為、「株を買う」ということは、「企業の一部を購入する」ことであるとも言えるかもしれません。

しかし、「企業の一部」と言われてもなんとなくピンと来ないかと思います。

「企業の一部」は「企業の権利」として一般的に認識されています。

その為、投資家の方は「株」を購入し企業に投資することで、投資先の企業の権利を一部もらえるような仕組みのものだと言えるかと思います。

投資家とは|インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説

「投資家」には主に2者を指す意味があるとはご存知でしょうか?

企業の株を購入し、投資を行うということで言えば同じに思えますが、一般的には

個人で株投資を行う「個人投資家」と会社などに属し法人として株投資を行う「機関投資家」が存在していると言われています。

 

インベスター・ネットワークスでもお客様に提供しているツールの中で、「個人投資家」の方と「機関投資家」の方に分けてサービスを提供しております。

また「投資家」には投資を行う機関によって名称が変わる場合もあるようです。

短い期間の中で株を購入したり、株を売ったりする「投資家」のことを株の世界の中で「投機家」または「トレーダー」と呼ばれているようです。

 

【番外編】

 

こちらでは、”インベスター”というワードが含まれており、株に関わるワードをいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

株 番外編

 

インベスターとは|インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説

インベスター・ネットワークスの社名にも使用している「インベスター」の意味は、

不動産や証券に投資する、「投資家」のことを指します。

インベスターリレーションシップとは|インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説

企業が投資家に対して、自社の経営状況、実績、財政状況などの情報を公開する広報活動のことを指します。英語で表記するとinvestor relationsとなり、単語それぞれの頭文字のIとRをとり、インベスターリレーションシップは一般的にIR活動として認識されています。

インベスターリターンとは|インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説

投資家が株を保有することによってそのぐらいの収益が出るものなのかを仮定したものを「トータルリターン」と呼ばれているようですが、株は買った時期と売る時期で値段が異なるため平均的なリターンを示すものを「インベスター・ネットワークス」と呼ぶようです。

インベスターギャップ|インベスター・ネットワークスの株に関するワード解説

「インベスターリターン」から「トータルリターン」を差しひいたものを「インベスターギャップ」と呼ぶようです。

 

 

※インベスター・ネットワークスでは直接株主の方に対してのアドバイスやサービスツールのご提供はおこなっておりませんので、こちらで記載させていただいております内容につきましては、一般的に言われている用語解説となりますので、ご理解くださいませ。